テレホンSEXの基本的な流れ

 

テレフォンセックスは一通りの流れを理解していると、理解せずに行った時よりも数倍気持ちよさを得れるようになります。流れを理解していないと何をどうやっていいのかわからずに失敗に終わることもしばしば。失敗しない為にも一連の流れをつかんでからテレホンSEXをするのが望ましいところです。

 

テレホンSEXの失敗とは?

テレホンセックスにおける失敗はエッチなトークが盛り上がらないことによるイケない(射精できない)状況です。エッチなトークでお互いに気持ちを高め合って最高潮に達したとき本気の相互オナニーはじまり、やがてフィニッシュに行くのですが最初のトークで躓いてしまうとイクにイケない状況に陥ってしまうのです。ほとんどのテレホンセックスでの失敗例がこれに当たります。

 

基本的な流れ

テレホンセックスの流れをつかんでおけば、エッチなトークが盛り上がらないという状況になりにくく、フィニッシュの成功率も98%以上を叩き出せます。今まで上手くできなかった方や電話でのエッチ経験が浅い方もここで流れをつかんでおきましょう。

 

1 オープニング

前や住んでいる地域など偽名でもいいので知っていた方が盛り上がります。

 

2 お互いの目的確認

やりたいシチュエーションプレイ、S or Mの確認など今回のテレフォンセックスでお互いのやりたいことを確認し合います。

 

3 エッチなトーク

「普段オナニーするの?」などのエッチな会話や、シチュエーションプレイのなりきり会話でエッチなコミュニケーションんをとっていきましょう。「今日は牛丼食べたよ」などのエッチとはかけ離れた内容の会話は逆効果なので避けましょう。

 

4 相互オナニー

エッチなトークが盛り上がると自慰行為をしたい気持ちが高まります。ここで相手の女性と「そろそろしましょうか」と確認し合って相互オナニーを始めましょう。

 

5 エンディング

相互オナニーなのか疑似セックスなのかはシチュエーションによって違いますがフィニッシュはどちらも本当のセックスでイク時のイメージで行います。何も言わずにイク派の男性でも電話越しということで「イクね」と一言言ってあげるのがジェントルリーで好感度が高いです。

 

まとめ

以上、テレフォンセックスプレイでもこの流れが基本の紹介でした。この流れと内容を把握して臨機応変に自分なりに付け足していけばオリジナリティあふれるテレフォンセックスで女性を楽しませながら自分も気持ちよくなることができますので是非お試しください。

 

イレギュラーなテレフォンセックス

 

いきなりオナニーしている女性に電話が繋がった

 

ということがあります。この場合は何も考えず女性がしているオナニーにオナニーで参戦するのが理想的。

 

即オナ中の女性は自分がオナニーしているところを聞かれたい、見られたい願望があるので声をかけたり指示を出したりしてもオナニーに集中している女性は聞いてくれる可能性は低いですが、イカせた時の達成感は何物にも代えがたい多幸感に包まれることでしょう。