電話越しの相手を好きになってしまったら

電話の相手というのはツーショットダイヤルやスマホライブチャットでスマホ越しにエッチする女性の事を指しています。

 

サイト越しの恋愛は非常に生まれやすく今までにもたくさんのカップルが誕生しています。中にはライブチャット結婚した男女もいるほど。

 

好きになるのは簡単ですがそこから両想いに発展させるのが難しいですが、それを成功させている人もいるのも事実です。

 

今回は電話の向こうの相手を好きになってしまったらをテーマにまとめました。

 

 

相手に自分を意識させるために

パーティーチャット、ツーショットチャットなどいろいろなスタイルで女性と繋がれますが、理想はやはり二人きりになれるツーショットが良いです。

 

不特定多数の男性が出入りしているパーティーチャットはなかなか自分を意識させるのが難しいです。何度も通って名前を憶えてもらえるのが精一杯といったところ。

 

ツーショットチャットならば1対1でやり取りするので意識させることができます。そして二人きりの場合、女性は自分を気に入ってくれているから来てくれていると思うので必ず意識させることができます。

 

まずはお気に入りの女の子が見つかったら二人きりになれるようにツーショットに誘いましょう。

 

 

好きになったらやることは

声が可愛い。性格が良い。美人。エッチの相性が合う。

 

様々な理由で画面越しの女性を好きになってしまったら、継続的にその女性に会いに行くこと。月に1度レベルで会いに行っていたら「あーあの人ね」レベルで終わってしまうでしょう。

 

女性は一度ログインしたら何十人という男性がチャットに参加してきます。月に1度しかチャットしない程度だと他の男性陣の中に埋もれてしまって全く印象に残らなくなるでしょう。

 

できれば2週間に1度の感覚で会いに行けたら女性側もこんなにいっぱい会いに来てくれるなんて。と好印象を持ってくれます。

 

チャットの感覚が空きそうになったら必ずメッセージを送信し合って意識の持続させることが大事となってきます。

 

 

1番よりも2番を狙え

自分が好きだなと思う女性には大抵ライバルの男性が存在します。自分よりもチャットの回数が多いし、チャット歴も長い。そんな男性はその女性からの信頼が高く1番に優先してチャットしているはずです。

 

しかし、その男性が恋愛相手としての1番ではなくチャット相手としての1番なのでそもそも戦っている土俵が違います。

 

チャット相手としてではなく、1人の男性として意識させていくのがポイントです。

 

 

1人の男性として意識させるには

恋愛関係になりたいと思ったらあまりエッチな方向に会話をもっていかないこと。

 

日常会話やお互いの趣味の話など他愛のない会話で盛り上がれれば盛り上がれるほど意識させることは成功します。

 

男性の9割以上がエッチ目的なのでチャットで普通の会話で盛り上がれるのはかなりレアなので、否応なしに特別な人としてのお付き合いになっていくでしょう。

 

 

誘う時の効果的な方法

誘おうと思っている女性が近所ならば今までの会話の中で話題になったスポットに一緒に行こうと誘うのが1番です。必ず今までの話題に上がっていた場所に誘う事。

 

いきなり全く話題にあがっていないおしゃれなお店や値段の高いお店に行こうというと相手によからぬ警戒感を与えてしまいますので注意です。遠方に住んでいる女性を誘う場合でも必ず話題に上がったスポットに一緒に行くことを目的にしましょう。

 

 

まとめ

大人の男性と女性が二人きりになる場なので恋愛感情が生まれるのは当然の流れです。自分だけでなく、他の男性もそういうチャンスがあるかもしれないと日々チャット越しの女性を口説こうとしているのでチャンスがあったら積極的に口説いてライバルに先を越されないようにガンガンせめていきましょう!