「いきなり君」と「まったり君」としてのチャットの立ち回り

いきなり君
チャットのスタートと同時に「おっぱい見せて」とリクエストを出したり、いきなりオナニーをはじめる人のこと。

 

まったり君
まずは会話がモットー。ちゃんと挨拶して普通に会話しながら徐々にエッチな行為にうつるのが好き。

 

チャットを利用している男性はこの2種類のパターンに分けられる。皆さんはどちらに当てはまるでしょうか。

 

どちらも正解や不正解という事ではないですが女の子にウケがいいのは「まったり君」です。

 

「いきなり君」が決して悪いわけではありませんが、女の子側の気持ちとしてまずは会話したいよねというのがあるからというのが理由です。

 

もしすごくお気に入りの女の子がいたとします。

 

その時、その子の事をどう気に入ったのかによって行動スタイルを変えることで今後の関係に影響してきます。

 

 

タイプの女の子と今後もヨロシクしたい

 

「まったり君」になって女の子に好印象を与えることを心がけましょう。この場合、初回のチャットだけでなく二回目、三回目、もチャットすることを考えます。初回は次を見据えた立ち回りたいところ。

 

初回はとにかく良い人というイメージを植え付けることに徹します。紳士的な態度で女の子と接しましょう。

 

誤解してしまいがちなのですが、「紳士的=エッチなことをしない」ではありません。紳士的にエッチするんです。紳士的なエッチとは嫌がることをしない言わない事。

 

女の子のプロフィールに予めされたら嫌なことを記載しているご丁寧な女の子が沢山います。それだけ嫌なことをしてくる人がいるってことですね!まずは紹介文を読んで他の男性との差をグッと広めましょう。

 

この方法でチャットをすれば自然と次の連絡を取り合う仲になっていることでしょう。

 

この後は次のチャットまでメッセージのやり取りをしながらチャット外でも意識させながら行動することがポイントです。

 

こまけーこたーいいんだ!乳みせぃ乳!

 

「いきなり君」になってゴリゴリのオナニーマシーンと化しましょう。会話そっちのけで開口一番「オナニーしていい?」とガンガンいこうぜ!状態でせめまくります。

 

ビデオ通話ならば「脱いで」「おっぱい見せて」「パンツ見せて」と仕掛けまくりましょう。ここで押しに弱い女の子はリクエストに応えてくれ即オナが大成功します。

 

音声通話でも「オナニーしよう」といきなり一緒にオナニーしてほしいと告げます。告げたらすかさずエッチな言葉でどんどん攻めます。

 

「我慢できないよ」「パンパンに張っててつらいよ」「声がエッチすぎてもういっちゃいそう・・」

 

とこれでもかという程攻めまくる。。これこそが「いきなり君」としての立ち回り。

 

どんなにリクエストしてもなかなか脱がないしオナニーしてくれない女性もいます。

 

その時はサクッと諦めて次の女性を探すのもまたいきなり君の定め。

 

何も考えずに女とヌキ合いたいんだ!という時は断然いきなり君になるべきです。

 

 

まとめ

 

「いきなり君」と「まったり君」についての紹介となりました。

 

「今日は何も考えずヌキたい」という時は「いきなり君」になって相手を求めれば性欲を満たせますし、

 

「この子かわええ・・・」とズキュン!ときた女の子を見つけたら「まったり君」になって変態紳士を演じれば欲望を満たせます。

 

慣れてくれば「まったり君」としてお気に入りをキープした後に「いきなり君」に変身して別の女性と即オナだけする超絶チャットイケメンになることも可能。

 

とにかくやってなんぼの世界なのでどんどん女の子に絡んでいっちゃいましょう。