相性の良い電話パートナーの見つけ方

気持ちいい電話Hができるかどうかは相性の良いパートナーと出会えるかどうかがカギ!初対面でも良かったなと思える出会いを得るにはどうすればいい?などの疑問や実際に相性の良いパートナーを見つける方法をご紹介していきます。

 

同じ趣向のエッチ電話番組を利用する

何はなくてもまずは番組選び。選ぶ番組を間違えてしまうのが一番理想的な相手から遠ざかってしまう行動です。今日は何気分かを自分に聞いてみて言葉で責められたい気分だったらSM系の番組。若い女の子とテレエッチしたい時はノーマル系のチャット番組。熟女に癒されたい時は人妻系の番組。このように用途にあった番組が多数存在しているのでその日の気分に合わせて番組を使いこなすことがポイントです。

 

色んな女性と話してみる

次は出会いの数のお話です。出会いが少ない方は良い出会いに巡り合う確率が出会いまくっている人に比べると少ないのは当たり前のお話ですね。しかしこの部分をあまり重要視していない方が多いのも事実。

 

良い女を見つける秘訣はたくさん出会いの場を設けること。その分相性の合わない女性との出会いも多くなりますが、必然的に相性の良いパートナーとの出会いも多くなっているんです。少ない出会いから良いパートナーを見つけるよりも数うちゃ当たる戦法でガンガンいっちゃいましょう。

 

この人だと思ったら猛アタックをしかける

次から次へと電話での出会いマッチングが行われている世界なので自分の直感で動くのも必要です。「あっ、この人の声イイ!」や「話し方が落ち着いていて好きだ」など、ひとつでもピンとくるポイントがあったら迷わずパートナーとなってもらう交渉に入るべきです。

 

「ここの部分はいいんだけど、年齢がなぁ・・・」

 

と、自分で良いと思ったポイントをかき消す考え方とはここでおさらばしてください。これからは良い部分だけを見つけるようにすることで、必ず素敵な相性抜群パートナーをゲットすることができるようになります。

 

ただし、好きな部分を無理矢理見つけようとするのは失敗の出会いになる可能性大です。自分の中で相手が持っていない良い部分を作り上げて関係を築いてしまうと最初は自分の中で完璧な理想パートナーになりますが、最初がピークで後は右肩下がりで相手のネガティブな部分を見続けることになり、苦痛になるでしょう。

 

ピン!と来た時がイク時!

 

自分が持つ相手の良い部分を見つける直感力を信じて行動してみましょう。

 

この人じゃないなと思った時の対処法

今日の気分で選んだツーショット番組の場合、パートナーとなる異性もまた、同じ気持ちで番組を利用しているので目的が一致する相手と出会える確率がかなり上がっています。それでも会話がかみ合わなかったり、目的が一致しないことはあります。このような時、無理な長話は無用。早めに見切りをつけてお断りをしましょう。

 

伝え方ですが、「うん、ありがとう。また機会があったらよろしくです。」と相手のどこが悪かったのかは言わずにお断りしましょう。そしてすぐに次なるパートナーに向けて脳を切り替え!

 

「さっきの断り方ちょっとひどかったかなぁ・・・」

 

と考えているうちに素敵な女性がほかの方とパートナーを見つけてしまうかもしれません!パートナー探しはアマゾンで獲物を探す動物のように食うか食われるかの弱肉強食なのです。

 

ギャップな出会いにもえてみたい

話をしている時、「全然話てくれないな・・・」「話盛り上がらない・・・」と感じる異性と遭遇することがあります。こういう方は「この人じゃない」と思って次にいきたくなりがちですがちょっと待ってください。

 

実は無口な方との出会いはとても素敵な出会いに化けることがある貴重な存在の可能性があります。

 

「さ、さっきは無口だったのに、、、なんだこの喘ぎっぷりは!」

 

という普段は静かなのにエッチが始まった途端豹変する女性。

 

「もごもごしてくからドMだと思ったのに、、、何この言葉責めっ!ああっごめんなさい!!!」

 

あやまりたくなるレベルのMじゃなくてドSだった女性。

 

代表的なテレフォンセックスギャップを挙げてみましたが他にもたくさん存在するテレフォンセックスギャップ。

 

「話が噛み合わない女性」と、「無口な女性」の見極めをしながらこの女性はどっちだ!?という駆け引きもまたパートナー探しを面白くさせてくれるでしょう。